玉石混合

明日を、今日より良くしていく。玉石混交な日々をレポート。

「AIで仕事がなくなる」論のウソ 〜雇用の現場の今がすっきりわかる!〜

「将来事務職ってAIに変わるんですか?」

AIが進んでるけど、将来仕事は無くなるのかな・・・」そんな声、よく聞きます。

あのぉ~、ごめんよ、

ごめんね、私も騒いだ一人だけど、そんなに急に、なくならなかった!

AIで仕事が無くなると言われて数年。でも実際の本当のとこ、どうなの?

という、問いを解決しようとしても、ググれば専門的な技術の話が多く、

雇用の現場でどのような変化をしていくか?を知るには様々な情報が必要でした。

 

雇用の現場で訪れるAIに仕事が変わるのは、いつなのか?

結論、そんなにすぐには変わらない。

と、同時に、

AIが進む前に仕事はもっと仕組み化されて、自動化されて、スリムになっていく。

そんな時代が今まさに来ているのです。

 

将来、全能エミュレーションと呼ばれる人間のようなAIに変わる前に、

「機械を使う方が安いのか。人間を配置した方が安いのか。」という経営判断からくる、「すき間労働社会」が訪れる、とこの本には書いてあります。

AIが頭脳にはなれても、手足となるに必要なメカトロニック技術が必須。

そして、

そのメカトロ技術を持ってして、「今より楽で・今より稼げる未来」が来るとした時に、

私たちは一体どこに「仕事のやりがい」を感じ、「成長感」を得ることができるのか?

そしてその時、人は働くことに意味や意義を感じることができるのか?

といったことが書かれていて、前半はなるほど納得感があり、後半ではめちゃくちゃ考えさせられる本でした。

 

人生は確かに100年ライフになっていくんだろうなと思います。では、その時の仕事は?

100年時代を提言した【LIFE SHIFT】が大きな図だとすると、

この本はもっと身近な、現場をよく見た図を解説している本で、

自分たちの仕事に当てはめやすい。そんな「現実を直視した本」です。

 

先日、誰かが何かのタイミングで言っていた象徴的なシーンがありました。(そのくせ詳細覚えてないけど)

「今日のこのニュース(出来事)は、きっと将来教科書に載っている出来事になるよ・・・」

いつか、過去を振り返った時に、あの時大きな時代のうねりの中を生きていたんだな、と思うのかしら。

 

未来はもう確実に始まっていて、いろんな人が今を変革期と言うように

変革期の時代は、ちょんまげとちょんまげを辞めた人が混在してました。

さすがに今、ちょんまげとちょんまげを辞めた人が混在することはない代わりに、

いろんな情報が入り乱れる時代なんだなぁと思います。

 

トレンドを追いかけることと、本質を考え抜くことの両方が必要となる時代なんですねぇ~。。。

 

AIで雇用は無くなるのか。

「考え方の始まり」は人によってタイプが違うので、

この本を読んで、

・未来は明るい、と楽観的になっても、

・今すぐ変わらなきゃ生き残れない、と悲観的になっても

どちらもある意味正解で、ある意味不正解な感じという、

結論は自分自身で考えろ、と言う問いを投げかけられるような本ですが、

きっと、「変化の兆しをちゃんと捉え、それを良いチャンスに変えていく」貪欲さが何よりも大事なって来ているのではないかと

私は思います。

 

壮大な未来へ「個人」としてどうあるべきかのLIFE SHIFT

近未来への「職業人」として、どうしていくかの、この本。

二つをセットで読むと、より未来がクリアに見えそうです。

おすすすめ。

 

 

 

レポートお寿司:本田直之の「賛否両論=オリジナリティ」

飲食業界のトップランナー

トップランナーになるまでの七転び八起きを書いてる記事。

これ、上手くいってる人でも、というか

上手くいってる人こそ色んな逆境を仲間にしてきたんだなぁというのが分かる連載コラムがめちゃくちゃ面白いですよ!

 

この連載コラム、人気が出たら本になりそうな香りがプンプンしてまして、

本になる前の本的な感じで読むと発売日前のジャンプ読めた気がして楽しいですね。

 

この記事読んで、とても思うことがあります。

 

すごいギラギラしてますよね。

すごいツヤツヤ黒光ってますよね。

 

本田直之さんの写真の方ね。

 

http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/032700040/042600006/

 

 

 

 

レポート40くらい:モチベーション革命ー稼ぐために働きたくない世代の解体書ー

団塊世代より10年以上も上の彼らは、戦後の何もなかったころに、欲望とともに成功に向かって駆け抜けました。

お金を稼ぎたい、広い家をたったい、いいクルマを買いたい、きれいな女性をだきたい。

欲望への飢餓感と上昇志向と共に成り上がって行きました。

ないものを、いかに埋めるか。それが最大のモチベーションだったのです。

 

 

しかし、

 

生まれた頃からすでに何もかもが揃っていたので、物や地位などを欲して頑張ることはない。うめるべき空白が、そもそもないのです。

そう、あなたには生まれたときから「ないもの」がない。だから何かが欲しいと「乾けない」。

だから、あなたの世代のことを「乾けない世代」と呼ぶことができます

 

 

マッキンゼーGoogle、TED・・・と、様々な旬な企業で活躍しながら、いつも「今のユーザー」をピュアに観察する尾原さんの本はめちゃくちゃ面白いですよね〜。

今回の本は、「モチベーション革命」。

 

 

 

「やりたいことが、ないんです。」と言いつつも、

自分の好きなことや趣味には没頭できる彼ら彼女らって、

本当にやりたいことがないのか。

 

仕事が絶対でなく、家庭や趣味と並列で仕事をする世代と、

上の世代の違いは一体何が影響しているのか?

ということを、すごーい軽いタッチでわかりやすく教えてくれます。

 

私はあまり団塊の世代より上の人と一緒に仕事をしたことがないので発見が多かったですが、

上の世代では、別にやりたいことなんてなくても、与えられた結果を出せばそれで十分成功できました。

大きな目標は誰かが掲げてくれたので、必死に「達成」を追い求めていれば幸せでした。

しかし今は、「何が楽しいの?」「何をやりたいの?」ということを常に問われ、すべて自分で決めていかなければならない時代です。

 

と書いてあって、「それに加えてどんどん日本が儲かって、しかも終身雇用だったのか」と思うと、そりゃあいい時代だったんだろうなぁと思います。(当時の荻野目洋子を聞きながら「OKバブリー!」って言ってみたい!)

でも、時代は変わり、

「時代が変わる」ということは、働き方が変わる

ということを日々皆が体感して、もがいて、

望もうと望んでなかろうと変化して行くのですが

その大きな川の流れが、

なぜこの流れ方なのか?そしてこの先どう流れて行くのか?

その時自分たちがどう川下りをしていけば、溺れることなく川下りを楽しめるのか?

ということが書いてあります。

 

乾かない世代のモチベーションを理解するつもりが、結果自分がモチベーション上げてもらった気がして満足。

という感じの本!いやぁ〜満足。

 

人との違いも、相手や周囲に理解されなければ価値を発揮しませんが、きちんと理解できるようになれば、途端に、その違いが価値に変わるのです。

「価値とは、差異×理解」。

 

 

さすがAmazonKindle 総合ランキング第一位になった本だなぁ〜!

レポートおかわり:接待の教科書

 

気遣いのプロと飲んでると、ここは天国かと思うぐらいの心地よい飲み会になるのですが、

気遣いのプロはやっぱり準備が9割っぽい。

 

マイクロソフトの元社長、成毛さんが社長時代も含めて行ってきた接待の

ノウハウの数々が、予約からお見送りまで余すことなく載ってます!

これ、めっちゃ面白かった!

 

成毛流「接待」の教科書  乾杯までに9割決まる

成毛流「接待」の教科書 乾杯までに9割決まる

 

 

 

接待の鉄板は、一軒家で和食(料亭がいいらしい)、相手の話してほしい話を聞いて、

今日は良い日だった、また成毛さんから接待を受けたい!と思わせたら勝ちというやつ。

 

相手の趣向とか、普段相手が行かないような場所に連れて行くのも接待の一つ(それが吉野家とか、サイゼリアとかでも良いじゃん、というやつ)らしくて、

エグゼクティブって、接待一つとってもここまでするのか!!驚

みたいなワクワクを感じました。

 

ホームパーティ的な宴会の小ネタは、ベタベタですけど

メシ通とか食べログマガジンとかをお腹空いた時に

「あぁ〜、これで食べた気持ちになれないかな」とか思いつつ収集してますが、

www.hotpepper.jp

 

magazine.tabelog.com

 

 

知ってる人に教えてもらうのが一番ですねぇ。

 

 

機会はそう多くなさそうだけど、いつかちゃんと接待してみたいなー!と思いました。

この本を読んでたら、接待はされるよりする方が楽しそう!

いやぁ楽しかった!乾杯!

 

ちなみに接待はハードルが高い、、、という人には、

こっちもおすすめだお。

 

 

後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ

後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ

 

 

 

 

面白かった本:10年後の仕事図鑑

柏木です。こんちくわ。

落合陽一さんの「日本再興戦略」という本が人気でして、近々読みたい柏木です。

 

「日本再興戦略読みたいな、とミーハー魂で思っているけど、分厚いし全然意欲が上がらない」と、5回くらい思っては消え思っては消えを繰り返している柏木と申します。

 

いやぁ〜、分厚い本ってどうも気合いが必要ですよねてへぺろ

 

今日は面白い本に出会ったので、この本は日本再興戦略を読む気にはなれなかったけど、結構さっくり読みやすくて面白い本だから読んだらいいよっていう本です。

堀江さんの発信って、結構好き嫌いはっきりするのでホリエモンのことをあまり好きではないかもしれないですが、本は面白いですよね。読みやすいですし。

 

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 

 

 

時々、「ホリエモンの本は薄くて中身がない」って言う人もいますけど、ホリエモンの本づくりは「最近は30分―長くても2時間で読めるボリュームの本が流行ってる」っていうトレンドを押さえた作りになっているからっぽいですね。

1500円を出して得られる情報量<1500円で情報をインプットしきった体験の方が価値あるんですかね。なんともUXっぽいですね。

 

10年後の仕事図鑑。私たちは一体これからどんな未来になるんでしょうか。

「未来、ほとんどの仕事はなくなりまーす。AIが皆の仕事をなくしまーす」と言う内容の、オズボーンレポートと言うのが発表され、「まじやっべーぞ!」と焦ったのが2015年。

あれから3年が経とうとしています。去年は大手銀行が相次いで長期的にリストラを騒いだりしていましたが、、、、言うて、仕事にあのレポートほどの衝撃は走っていない人の方がおおいんじゃないでしょうか。

私の予想では、「ペッパー君が上司になる日も近く、しかも機械学習で部下の性格を高精度で見極める超いけてる上司になる。居酒屋で、ペッパー君が部下を慰める日が来るかもね、うけるね!ペッパー部長はお酒の代わりに電気かね!チャージの意味変わるじゃん!うける!」と飲みのネタで話した思い出があるんですが、まだ、ペッパー君同伴で居酒屋に来ているサラリーマンを見かけたことはないです。

 

AIが日本の雇用を本当に変えているのか。変えるとするならばいつなのか。

については、雇用ジャーナリストの海老原さんが出される新書を待ちましょう。

 

 

 

 

ホリエモンと、なかなか勇気が出ていない日本再興戦略を描く落合陽一さんの2人が出している、「10年後の仕事図鑑」は、静かに変わりゆく時代に、自分自身が今できることを「個人の仕事」レベルで落としてくれています。

 

未来は、

貨幣中心の経済から、信用中心の経済に変わっていく、と言われていて、

組織で働くのではなく、個人(または個人の集合体)で働く時代になっていく。

 

と言われています。

 

未来、AIが人間に変わって仕事をしていく領域は確実にあり、人の単純労働は減ると言われています。

AIが人の仕事を取って代わると考えた時に、パッと思いつくのって工場の仕事なんじゃないかなぁと思いますが、実は工場の仕事って中々変わらないんですよ。

AIの得意技って、膨大なデータの中から意思決定をすること。だからそれを機械に落とし込んで作っちゃえばAIで取って代わるじゃん、的な発想を私もしがちなんですが、そうそううまくはいかないんですよ。

 

なぜか。

その工程を全てAI組んで機械でやろうとするとめちゃくちゃお金かかるし、難しいんですよね。経営者なら、「えっ!?機械の方が難しいじゃん!ここは人間でやっとこうよ!」みたいな発想になるんです。「AIとか導入する前に、もっとギリギリまでオートメーション化しとこ!で、ギリギリの人間で回せるように生産性高めていこ!」となるわけです。

最近ではくら寿司がその実例として上がることが多めです。

 

こう書くと、「経営者は人件費を削りたい人」みたいになってますが、そうじゃなくて、

「人がいない」ことに私たちはマジで直面しているのです。

現場には本当に人がいないんです。地方には本当に人がいないんです。

 

スーパーのレジでは、時々おばあちゃんみたいなご年齢の方が、手首に温湿布を貼って2Lのお水を一生懸命レジ通してるんです。「ごめんね!スーパーで買って。次からアマゾンで買うね。Tポイントカード持って来てないです!」みたいな涙出るシーンあるじゃないですか。

正直、あの仕事を人である必要ってどこにあるんだよ、と心が痛くなります。

仕事が人から機械に変わり、人が単純労働に変化していくと言うことは、良い一面もあります。もちろん、その仕事についていた人が次に何をするのか?も大きな課題ですが、

ギリギリの人数で回せるようになって、孫の運動会とかに周りを気にせず休みのシフトを提出できる未来が来てくれたら、それは幸せじゃないですか。

機械化していくこと、AIが入っていくことにはそんな幸せな一面があります。

 

が、しかし。

そんな余裕は、自分がそれなりに生活できていける余裕があるからであって、余裕がなければ自分の仕事を取られる!と恐れてしまいます。がくぶる。

では、これから、どんな働き方が増え、どんな行動を取る人が「市場価値が高い」と思われるのか。も、この本には書いてあります。

組織で働くことから、個人で働くことが増え、

・誰にとっても仕事は「引き受けるもの」から「作るもの」へと変わっていき、

・‘何者でもない人間’‘貢献度の低い人間’の価値はどんどん下がっていく。だから自分自身に価値をつける、すなわち、多くのフォロワーを獲得すること。

 

が大事になって来るらしいです。

そうやって信頼・信用を積みかさねていけば、それが価値となっていくよ。という。

 

何かの目盛りで評価されず、自分は何者であるかを自分自身が決め、名乗る。

名乗り始めてから周りに仲間ができるまでに、心ない指摘やバッシング・一昔前の価値観で見下されたりといろいろあるけど、それでも考えを止めることなく極め続ける。

その先には、共感しあえる仲間やフォロワーがいて、未来にフィットした形で今よりも楽しく働きながら人生を楽しめるよ。

ということが書いてある本でした。

 

2015年、まじかよ仕事なくなるってさ!と騒いだ1人ですが、

本当に必要なのはそういう「労働市場の変化」以上に、アウトプットの変化や自分の好きなことを極めることといった「自分自身のあり方の変化」の方が大事であり、後から潰しが聞かないというリスクもこちらの方が大きいのではないかと思います。

 

楽しいことだけではないです。

楽しいことだけではないから、自分の好きなことをやってないと、途中で「ちくしょう!もう全部投げ捨てたい!」と思った時に、あと1歩踏みとどまれるのです。

「好きなことをしたらいいよ」というのは、そういう背景があってこその意味であり、

「好きなことをして暮らしていく」とは戦いそのものな気がしています。

それでもその方が、めちゃくちゃ楽しいんだけど。

でも、今まで通りの働き方や暮らし方がなくなるわけでもなく、それが悪・ダサいわけでもないのです。どちらを選ぶのか。そここそが最も重要なことであり、その選択をもってして過ごす生活は、どちらにせよ貴重で幸せなものなのです。

 

 

世の中の変化は、(今だけじゃなく、昔も)いつだって爆速です。

私たちには、考えを止めることも、ぼーっと油断していることも、自分になにできるんだろうとセンチメンタルになっている暇はないのです。

 

新年度になり約半月がたちました。

だいたい自分にとって不本意な状況(出世しなかったとか異動しちゃったとか)が、

自分のこれからを深刻に考えることが多いですが、

 

考えることを止めるな、もっと考え抜けよ。現実を直視して、どんなに逆境であろうとそれをハッピーエンドに変えるべく辻褄(つじつま)合わせに行け。

 

というスパイシーなエールに変えまして、新年度のよろこびの挨拶と変えさえていただきます。

今日、本の紹介だったんだけど、まぁいいか。

 

新卒サイトのコラムは使える&ストレスチェック&時短ツール

今年も始まりましたね、新卒サイトオープン。

 

新卒の時期になると、日本の新卒雇用は時代に合ってないとか色々言われますが、

最近の若手はダメだとエジプト時代から言われていたように、

「日本の新卒雇用はダメだ」と言われ続けて約1世紀たちます。

良いところも悪いところもあると思いますが、

 

今日はこんな新卒サイトを使って、転職の情報収集に使っちゃおっか。

&ほかにも転職を考える前に自分の状態を色々知れるサイトがあるよ〜。

 

というお話です。

 

業界研究は新卒サイトでサクッと調べる。

最近は業界を変えて仕事がしたいとか、実現できる働き方のためなら別の業界もあり

的なお話をよく聞きますが、自分がいない業界のこととかあんまりわからないですよね。

そのさわりとして使えるのが、マイナビ2019の就活支援ページ。

 

job.mynavi.jp

 

就活大百科キーワードとかで自分のきになる会社や業界を知る。

これ使えます。

 

ちなみに、リクナビ2019の就活準備も使える情報が詰まってます。

 

就活準備ガイド|リクナビ2019就活準備ガイド|リクナビ2019

 

見る感じ、自己分析系のツールはリクナビの方が充実してますが、

会員登録しないと使えないので残念です。

 

環境を変えるのが良いのか、自分が変われる余地があるのか。

転職を考えるのは、

・職場の人間関係(転職理由の1位:上司、社長と合わない。3位:同僚・先輩後輩)

・労働時間、環境(2位:職場の環境、労働時間が合わない)

※全てリクナビネクストより引用

転職理由と退職理由の本音ランキングBest10|転職ならリクナビNEXT

 

なのですが、特に労働時間とか働く環境についてのセルフチェックですよね。

自分が時短できるスキルが足りてないのか、職場の問題なのか。

でも時短って地味なコツの繰り返しなので、小さなコツをトライアンドエラーして初めて変わってくると思うんです。

ぶっちゃけ皆、どうやって時短してんの?を知るためのツールはこちら。

 

ホワイトカラーの時短研究 | リクルートワークス研究所

http://www.works-i.com/pdf/150318_Jitan_05.pdf

 

そしてその次に、

ぶっちゃけ自分のストレス状態どうなってんの?を知るためのツールはこちら。

kokoro.mhlw.go.jp

厚生労働省は、ポータルサイトを作るの好きですね。しかも微妙に(自殺対策・・・って出ちゃってますけどね。心弱ってる時にこういうキーワード出るとパワーワードになるからやめてほしいけどね。

 

そのほかにうつ病診断とかもできちゃいます。

こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

※大事なのは、ツールを知って「やだ、もう」と思うだけでなく

・どうしたらこの状態を改善できるか?

・その改善はどこから始めたら楽か?

を知るのが大事です。

 

昔、「俺、いちいち査定されるのは好きじゃないねんけど、フィードバックは欲しいねん。」って言っていた上司がいてそれ素敵だなと思いました。

 

ということで、新卒サイトやそのほかのサイトで客観的に自己分析することできますよーんというお話でした。

 

おまけ。

無料性格診断テスト | 16Personalities

 

www.doubutsu-uranai.com

 

f:id:kcassy:20180303130747p:plain

自己肯定感ってなんだ~不安定な雇用ニュースに流されない予備知識~

自己肯定感はどのように身につくのか?疑問ですよね。

自己肯定感や自己効力感など、様々な「力」は、センスのように受け取られることが多く、自己肯定感は変わらない、等と考えている方と最近よくお会いしますが、

 

自己肯定感は一つの「技=スキル」なので、練習次第でどうにでもなります。

 

自己肯定感をかみ砕けば、「1つ1つの意思決定」

自己肯定感を高めるには、「1つ1つの意思決定」次第で、筋力がついていくのです。

そもそも自己肯定感とはなんでしたっけ?をおさらいすると、

 

自分の存在を肯定的に受け入れる力

でした。

・自分の存在には意味があるとか、自分の決定には良い結果が待っているといった、

「自分の存在を肯定的に受け止める」力です。

 

では、人はどんな時に自分の存在を感じているのでしょうか。もっと言うと、自分の意思で何かを決定するのはどんな時でしょうか。

 

意思決定は、脳みそが快か不快かで決める

小さなことから、大きなことまで、「意思決定」はシンプルです。突き詰めて考えていくと、快か不快かという、自分にとって心地よいか・心地よくないか。のどちらかしかありません。

1つ1つの意思決定は、日常生活で1日平均6万回やっているということなのですが、

この6万回の意思決定のうち、10~15個くらいを1日の終わりに振り返ってみることによって、スキルとしての「自己肯定感」は身につきます。

 1日を振り返って思い出せる自分の意思決定はだいたい10~15個くらいの意思決定を、

・「この時、どんな意思決定をしたのか」「今冷静になって考えたら、どんな意思決定ができるか」を考えることから始めていくと良いです。

 

自己肯定感の低さとは、ずれた意思決定の連続でできた結果

自己肯定感の低さというのは、ある事情により、一瞬自分の価値を低いと感じてしまったときに行っていた「意思決定」の方法(例/小さなミスを見つけた。自分は仕事ができないと思う。など)をずっと繰り返していることにより出来上がっているものであり、

低い自己肯定感の筋力がつきすぎているだけです。

 

野球に例えると、

間違った素振りを100回やったら、そりゃあもっと打てなくなるわ。状態です。

 

今とは違う筋肉をつけるなら、最初は丁寧にやらないと身につきません。

1つ1つきれいなフォームで素振りし、体が覚えたころにスピードを上げていくように、

1日のどこかで時間をとって、

・「この時、どんな意思決定をしたのか」「今冷静に考えたら、どんな意思決定ができるか」を考えて、自分が良しとする意思決定の筋肉をつけていく・・・ということが大事となります。

 

つまり、

自己肯定感は、センスではなくて、スキル。筋力なのです。

 

良い意思決定の積み重ねが、自己肯定感につながっていきます

今日何ができた?いいじゃん、それ!昨日は惰性だったのを、今日は意識的に変えたんや!

すごいじゃん!

明日はどうするの!へー、そういう工夫を重ねていくんや、いいねいいね!!!

という感じで、最初はちょっと無理やりにでも自分をよいしょしていくと、

「良い意思決定」の筋力がつき、とっさに判断するときも、自分にとって良い意思決定ができるようになり、その積み重ねが自己肯定感につながっていく。

という流れです。

 

そうやって適切な自己肯定感が身につくと、自分にとって脅威かそうじゃないのかの情報の取捨選択ができるようになり、あわあわしなくて済むよ~っていう

予備知識。

 

 

ついでに言うと、自己肯定感が高いと、新たなチャレンジがしやすく、ダイエットや勉強、新しい仕事になれやすくなるはずです。

やろうという決意<それにチャレンジしてみる事<失敗しようと成功しようとやりきった<そこから次に生かす方法を見つけた<うまくいった

というループが自分を救います。

 

 

 

今日何ができた?いいじゃん!それ!